NMN点滴でエイジングケア!サーチュイン遺伝子の修復とNAD+との関係

血液クリーニングについて知りたい

NMN点滴でのエイジングケアとNAD+との関係

健康的になる NMN点滴を用いた療法は、エイジングケアに役立つ効果が期待されている新しい時代の治療です。ニコチンアミドモノヌクレオチドのことであるNMNは、ビタミンの一種で様々な生物の中に存在しています。

NMNは生き物の体内で生成されていますが、年齢を重ねると減少していくという特徴があり、少なくなると体調の変化が感じられるようになると考えられています。細胞を若々しく保つのに役立っているNMNは、体内で生成されたり食品で摂取したら全身に行きわたりNAD+に変化するのが特徴です。

NAD+が少なくなると、若々しさがなくなったり疾患の原因になったりすると考えられています。しかしNAD+は分子量が大きいため、そのままでは体内の必要なところに届けることができません。

ただしNMNを投与することで体内のNAD+を増やすことが可能です。
NMNによってNAD+を増やせたら、様々な疾患を抑えるのに役立ちます。

またマウスモデルではアンチエイジングに役立つ効果があることや、
寿命延長になる効果があることも発見されています。
そのようなことからも、現在疾病の予防や若返りのために注目を集めているのがNMN点滴です。

若返る点滴

サーチュイン遺伝子の修復が期待できるNMN点滴

NMN点滴は抗老化に関わる重要な遺伝子を活性化させる可能性を期待する人からの注目を集めている点滴療法です。生き物の老化や、寿命を制御する働きに関わっていると考えられているものには長寿遺伝子と呼ばれることもあるサーチュイン遺伝子があります。

この遺伝子を活性化させることで、生き物の寿命も延ばすことが可能であると期待されています。年齢を重ねると、体内でエネルギーを生み出す役割を持つミトコンドリアのエネルギー産生が低下するのが特徴です。

そのほかにもDNAが損傷を受けたり、サーチュインが不活性化されてしまったりもします。しかしNAD+によってこれらを修復することができます。近年、注目を集めているNMNを高齢化したマウスに投与することで、免疫代謝や様々な血液の状態が改善されるということが分かりました。

医療研究の成果

抗老化遺伝子が活性化するとサーチュインが合成されますが、このたんぱく質は染色体を構成するヒストンとDNAに働きかける効果があります。これによって寿命が延びると考えられているのです。

神経変性疾患や心不全、動脈硬化など様々な疾患に効果が期待されています。

またNMN点滴で知られるNMNは、体の様々な代謝器官の細胞内の
ミトコンドリアの機能を改善させる効果が分かっていて、これからも研究が進むことが期待されます。

Copyright(c) 2019-2022 勇気を持って血液お掃除 血液クレンジング療法について All Rights Reserved.